市高トピックス

kinnkyuu39.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 16日

学校保健委員会!

学校保健委員会が開催されました。
○挨拶(校長、PTA会長)
e0313769_17335230.jpg












○指導者・講演者紹介
e0313769_17335290.jpg












学校医 阿部先生、学校歯科医 吉田先生にご指導をいただきました。


○定期健康診断結果報告(養護教諭)
「本校には虫歯のある生徒が少ないようです。81%の生徒が、虫歯になったことも治療したこともがありません。小中学校でのブラッシング指導等が適切であったからだと思います。今後も自分の歯を大切にしてほしいと思います。」
e0313769_17335222.jpg













○講演「中学生・高校生のけがについて」
さいたま市立病院整形外科医師 木村豪志先生
e0313769_17335229.jpg











・中学生・高校生には運動習慣の二極化が見られます。
・運動過多の人には、骨と筋肉の成長のミスマッチから骨に関する疾患が増えているようです。
・運動過少の人には運動不足による疾患が増えているようです。
・健康に年を取るためには、治療ではなく予防が必要な時代になっています。
・100年時代を生き抜く基礎を作るため、今のうちから中~強度の運動を心がけましょう。(大人もです。)

○参加者の感想
・大人も子どもも生活に運動を取り入れることが大切だとわかりました。
・成長期だからこそ、運動器の障害を負う危険性があるのだと気づかされました。
・「スポーツや運動は医療」という考え方は印象的でした。
・子どもの風邪やケガには気づくが、足腰の痛みは成長痛だけかと思っていました。
・運動の大切さについて、子どもと話すきっかけになると思いました。


by kinnkyuu3945 | 2018-10-16 15:32


<< 1、2年生 三者面談!      秋の学習マラソン! >>